周りのことは気にしない 結局自分が自分軸で楽しく生きていく方法

SNSのフェイスブックやインスタグラムが普及して世界のいろんな人が

どんなことをやっているのか。

というのがより身近に感じれるようになってきました。

 

もちろん、あなたの友達、職場の同僚、昔の友人等も友達になっていれば

そう言った私生活を投稿していると思います。

 

ただし、その時になんとなく悲しい気持ちになってませんか?

この気持ちの原因は知らないままだと、そのままSNSにコントロールされてしまいます。

もちろん、SNSだけでなくそれ以外の人生でもコントロールされてしまいます。

 

ここでは周りからコントロールされる考え方ではなく自分が人生の主人公であり

自分が人生の主役であるという考え方を話していきます。

 

Sponsored Link



 

自分軸か他人軸のどちらをベースに考えているのか

現代の子供達はみんなで手をつないでゴールしましょうと言った感じで

協力、協調を目的とした指導方法に変わっています。

 

しかし、今の20代以上の方々はそうではありません。

他人と比較して他人より優れていることこそが成功の法則だったのです。

 

それは良い言い方をすると負けず嫌い。

悪い言い方をすると嫉妬、劣等感になります。

 

もちろん、上の2つの考え方は一長一短があり他人と比較することで

頑張れる方はそれをエネルギーに頑張れるので問題はありません。

 

これはSNSを見ていて悲しい気持ちになってしまう方は負けず嫌いの精神ではなく

嫉妬や劣等感を感じる傾向があると言えますね。

 

 

例えば

あの人はハワイ旅行に行っててとても楽しそう!

それに比べて私は・・・・

 

 

フェイスブックやインスタグラムの画面をスクロールすればみんなの充実した

生活を眺めて自分と比較してひどく悲しい気持ちになったり落ち込んでしまいますよね。

もちろん、こういった気持ちになるのは悪くありません。

ただし、これに囚われすぎると問題です。

スマホを操作する女性

みんなが何を目的として投稿しているのか考えましょう

ですが、他の人は自分の充実した私生活を見て欲しいから投稿しているは

あなたも知っていると思います。

 

SNSもそう言った場所であり、わざわざ自分が全然面白くないところを投稿しようとも

思わないでしょうしそんなの投稿しても「いいね」なんて貰えないからです。

 

そう言ったのを知っているにも関わらずついつい他人の行動が気になって見てしまう。

 

そんな感じだと思います。

 

もしくは暇な時に無意識に開いてしまうという場合もあるでしょう。

 

ですが、それらはその人の生きているうちの楽しいことのほんの一部です。

毎日毎日そう言ったことが続いていると勘違いしないようにしましょう。

Sponsored Link



 

なぜ人の充実した生活を眺めると悲しい気持ちになるのか?

暇な時になんとなく見てしまうのは仕方ないことですしそれを辞めましょうとは言いません。

ではなんで自分以外の人の充実した生活を見ると悲しい気持ちになるのでしょうか?

 

これは自分と他人を比較して自分の優越を感じる考え方でいるからです。

 

人の不幸は蜜の味と言いますがこれも同じ考えですね。

 

 

あの人がハワイに行ってるからハワイに行ってない行ってない自分に劣等感を感じる。

あの人が彼氏とクリスマスにデートしているのを見て自分にはいないから劣等感を感じる。

他人がうまくいってないことが嬉しくはないけどちょっとそれを望んでいる。

 

常に誰かと比べているとこういった気持ちになります。

 

しかも、この考え方も怖いところは際限ない範囲であるということですね。

 

どういうことかと言いますと友人、同僚までならまだマシですが

これがテレビに出ている芸能人までに及んでしまうと毎日が悲しい気持ちになってしまいます。

 

 

この考え方で生きて行けば

 

『一生誰かと戦いながら生きていかなくては行けません』

 

これはかなり疲れますよね。

しかも、この考え方で人生が幸せになればいいですがもちろん、そんなことはなく

劣等感、嫉妬を感じているあなたは常に潜在意識の中に

 

『私は全然幸せじゃないしこれからもそんな人生なのだ』

 

とインプットされてしまうからです。

 

 

『自分の人生は常に最高で今日より明日はもっと素晴らしくなる!』

 

こういった意識でいないとあなたの人生はこの先も劣等感と嫉妬で

過ごす人生のままなんです。

スマホを見る女性

 

他人軸から自分軸に置き換えよう

他人と比較していても意味がないのは上記のことから理解して貰えたかと思います。

例えば、あなたがSNSに投稿された全ての事柄を経験することによって幸せになれるかというとそれは違います。

なぜなら、投稿は無限に続くからです。

そして、その投稿に対抗してまたそれらを経験しないと行けない。

 

一生これの繰り返しです。

 

 

では自分が幸せになるにはどうすればいいのでしょうか?

 

それは本当はもうすでにあなたは持っているのです。

 

いやいや、そんな気休めで誤魔化さないで下さい・・・

 

そう思いますか?

 

私はそうは思いません。

 

真夏の時期に信号待ちをしている時にそこに木が立ってるとするじゃないですか。

 

そこで信号が青になるまで木陰で休みますよね。

 

そこに木があったから日陰で休むことが出来た訳でなかったら暑いまま

信号が青になるのを待たないと行けなかったんですよ。

 

凄く幸せなことですよね?

 

とっても身近なことであり、ふと私たちはそう言った幸せを当たり前のことだと勘違いしてしまいます。

 

身近に幸せがありすぎて気がつきませんが、こんな感じであなたの周りには

数え切れないほどの幸せがあります。

 

 

どこか誰も行けないとこに旅行に行くこと、宝くじが当たることが人生の幸せではありません。

 

幸せとは本来はもうすでに持っているものでありそれに気がつけるかどうかだけなのです。

 

思い切ってSNSを辞めてみるのもあり

スマホのsns画面

どうしてもSNSをやっていると、他人軸にぶれてしまいがちです。

私もそうでした。

 

つい暇があれば、「いいね」やコメントが増えていないかチェックしていました。

そして、他人の投稿写真を見ては隅々までチェックしていました。

 

料理の写真であれば、盛り付けがどんな感じか、お皿はどんなものを使っているのか。

背景にある家具までチェックする始末です。

コンビニのレジで並んでいる間も、気が付いたらSNSを開いていました。

 

そんな自分が嫌になり、思い切ってSNSのアプリを削除しました。

そうしたら、SNSをログインまでして見るのが面倒になり、気づいたら全く見なくなっていました。

その空いた時間を、新聞を読んだり本を読む時間に充てるようになり、何よりも心がとても落ち着いています。

 

SNSに気づかないうちに振り回されているのは、本当に怖いことです。

もし私と同じように悩んでいる方がいれば、ぜひ試してみてください。

 

SNSを辞めたからといって、友達が減ることはありませんでした。

もし、今後減ることがあっても気にしないでください。

その友達とは、SNSがないと付き合えないくらいの小さな関係なのですから。

 

スマホを持たないで外出する方法も効果あり

机の上に置かれたスマホ

SNSを辞める以外にも、スマホを家に置いて外出するのも私には効果がありました。

どうしても連絡を取らなければならない時を除き、スマホを家に置いて出かけると外でインターネットと繋がることができなくなります。

 

このようにして、カフェへ行ったり日帰り旅行へ行くようにしました。

すると、ついついスマホを見てしまうこともなくなり、自分の時間がしっかり確保できます。

誰にも邪魔されない時間ができるのです。

 

一人になりたいからと、スマホ片手に喫茶店へ行くこともありました。

コーヒー片手にメールをチェックしたり、ネットサーフィンをしていて、全然気が休まりませんでした。

 

スマホがないと、他にすることがないので、目の前のコーヒーに集中することができます。

また、喫茶店に置いてある雑誌に目を通したり、外の景色をぼんやり眺めたり。

スマホを見ているとは違う、自分時間が出来上がります。

 

何もスマホがいけないと言っているわけではありません。

スマホを見ていると、欲しい商品のレビューや、いつも気に入って見ているブログのコメント、ニュースへのコメント等どうしても他の人の意見がダイレクトに入ってくることが多いです。

 

これらを見ていると、つい自分軸が揺らいで他人軸に傾いてしまうことがあります。

自分軸をしっかり保つためには、自分だけの時間を持つことも大切なことです。

 

案外、スマホから離れると頭も目もすっきりするのでおすすめです。

 

自分軸をしっかり保つために己を見つめなおそう

 

現代では、メディアやSNSなどの情報で自分軸がぶれやすい状況にあります。

そうした状況から自分軸を守るためには、そうした情報源と適度な距離を保ちつつ活用することが大切です。

 

つい人は情報を求めてしまいがちですが、そんなにたくさんの情報を集めなくても幸せに生活をすることはできます。

もしかして、自分は自分軸がぐらついているかな?と思ったら、今までより少し情報から距離を置いてみてください。

 

自分軸をしっかりと保つことで、今までよりも幸せを感じる瞬間は確実に増えていきます。

 

 

 

Sponsored Link



 

自分の人生のゴールを決める

上記のように幸せというのはもうすでにあなたは掴んでいます。

新しいマンションに引っ越した時にあなたは凄く嬉しかったはずです。

しかし、それが当たり前になってくると引っ越してきた当時のことを忘れて

自分がどれだけ幸せでいるのかというのが分からなくなってしまいます。

 

 

ここからはこれから長い人生を送るあなたに人生の考え方を話していきます。

 

 

ほとんどの人は週末はどこに行こうか?

という目先のことくらいしか計画は立てません。

 

自分が人生でどういったゴールを迎えるべきなのか!

 

というのは、ほとんどの人が考えてないでしょう。

 

 

逆にここがあやふやだから誰かと比較してしまうとも言えます。

 

自分軸で人生を幸せに送ることについて大事なことを話すのでしっかりと聞いてくださいね。

 

『人生のゴールは他の人よりお金を稼ぐことでもなければ

人より名誉を得ることではありません』

 

人生のゴールは単純です。

 

 

人生のゴールは自分が明日死ぬという時に

 

『楽しかった』

 

そう思えた人生こそが成功者のゴールなのです。

ついつい人はお金や名誉というところに目を向けてそれを手に入れることが

幸せの条件だと勘違いしてしまいます。

 

そうではなく、自分が人生を送る上で何をすべきなのかを決め、それに向かって

情熱を注いで行くこと。

 

これこそが正しい幸せの考え方です。

 

こう考えると自ずとあなたの心の中にゴールが見えてくるのではないでしょうか?

 

・子供と楽しい時間を過ごし成人しても仲良く買い物に行く

・いつまでも元気で若々しくいるために努力する

・自分の専門分野を誰よりも極める

 

他にもたくさんあると思いますがこれが正解でこれが間違いという人生はないのです。

 

あなたの人生はあなたが決めることであって自分が決めたゴールに向かって

走っていくことが人生が一番輝きますし実際にそれは周りから見た時も

あの人は輝いていると言われるのです。

 

 

ついつい私たちは本当に大事なものを見逃したり、当たり前になりすぎて

気がつかないことがたくさんありますが自分がどうあるべきなのか。

 

それが明確に決まっていればあなたの人生は今よりも、もっと充実したものになるでしょう。

 

これが分かればなんであの人はあんなに楽しそうなのに自分はこんなに不幸なのか・・・

という考えがなくなり毎日がとても楽しく最高の1日になります。

 

一日一生と言いますがこういった価値観で人生を歩むことによって

一日一日がとても大事な時間であり他の人の動きなんで気にならなくなります。

 

 

まだ、自分の人生のゴールが決まってない方がいれば今からでも遅くないので

自分は何をしたいのかということを紙に書き出してみましょう。

 

 

これをすることによってあなたはもっと幸せに生きていくことが出来るようになります!

 

それでも不安になってしまうあなたへ

不安な女性

紙とペンを手にしたのはいいけれど、いろいろな考えが頭をよぎってしまう・・・

そんなあなたは、まず深呼吸してみましょう。

小さな頃のあなたは夢がいっぱいありませんでしたか?

 

女性であれば、ケーキ屋さんやお花屋さんになりたいと思っていた人もいるでしょう。

大人になるにつれて、「ケーキ職人になるには努力が必要だ」とか「花屋は朝早くから市場へいかなくてはならない」といったことを考えて、夢を諦めてしまう人が多くいます。

 

でも、今ケーキ職人になれなくてもいいのです。

自分のためだけに美味しいケーキを焼く。

そのために、図書館へ行ってケーキのレシピ本をたくさん読んで研究してみる。

 

そう、今すぐに何かあなたのためだけに行動することができるのです。

有名デパートの新作スイーツをSNSで紹介するよりも、達成感を感じるとは思いませんか?

 

新作スイーツは、列に並んでお金を払えば誰にでもできます。

あなたが焼く世界一美味しいケーキは、あなただけにしかできません。

 

自分のためだけにやっていることなので、周りの人から「いいね」はもらえません。

しかし、あなたは「いいね」を貰うために産まれてきたのではありません。

あなたは、あなたが幸せを感じるために産まれてきて、現在生きているのだから、それでいいのです。

 

あなたを幸せにすることができるのは、あなただけです。

本当に何でもいいのです。

あなたは子どもの頃、何に興味を持ち、何が好きだったのですか?

 

あなたの幸せを決めるのは、他人ではなくあなた自身

鏡を見る女性

あなたの心からやりたいことは、他人から見ると不思議な感じがするかもしれません。

 

例えば、先ほどのケーキのレシピについて熱心に図書館へ通っているのを知って、「あの人は図書館へ行ってばかり。本を買う余裕もないのだろうか」

と思われるかもしれません。

 

でも、それでいいのです。

他人は、勝手にいろいろと想像を巡らしてしまうのですが、あなたにだって経験があると思います。

けして悪気があって想像を膨らませているわけではないので、気にする必要はありません。

 

もしかしたら、「あの人にいらなくなったケーキのレシピ本、あげたら喜んでくれるかもしれない」

と考えている場合だってあり得るのです。

これからは、何事もポジティブに考えましょう。

 

そうすることで、嬉しい出来事が増えていくからです。

他人からどう思われても構いません。

いつもニコニコと自分のやりたいことをこなしていれば、周囲の目もそのうち変わってきます。

 

あなたの魂が喜ぶことをすれば、あなた自身が輝き始め、他人さえも動かす力があるのです。

 

自分を軸にする生き方をしてみよう

黄昏の家族

今までのあなたは、きっと他人軸を中心として生きてきたのでしょう。

これからは、自分を軸にして生活するようにしても大丈夫なのです。

あなたの幸せは、あなた自身で作り上げるものだからです。

 

もう周りの目を気にせず、今までやりたかったことを思い切ってやってみましょう。

紙に書きだした内容を実行する時がきたのです。

 

最初は、周りの人や家族が反対をするかもしれません。

でも、人に迷惑をかけたり誰かを傷つけるようなことでなければ、あなたはやりたいことをしていいのです。

自分が変わる時には、逆風はつきものです。

 

でも、忘れないでください。

飛行機が空を飛ぶときは、逆風に逆らっているからこそ高く飛ぶことができることを。

あなたも逆風をおそれず、あなたの夢に向かって高く飛んでみてください。

 

他人をジャッジしない生き方をしよう

 

あなたが自分らしく生きるためには、常に他人をジャッジしないようにすることが大切です。

人からジャッジされたくなければ、あなたからジャッジしないことです。

 

あなたから見て幸せそうな人は、もしかしたら幸せでないかもしれません。

あなたから見て不幸そうな人は、もしかしたら不幸でないかもしれません。

 

その人の幸せは、その人が決めるのであり、あなたが決めることではありません。

世の中では、つい他人軸で幸せを決めてしまいがちですが、本来そういうことはすべきではありません。

そんなことよりも、考えなければならないことが他にたくさんあるはずです。

 

誰かのために、ではなく自分のために。

背中を見せる女性

今まであなたは、誰かを喜ばせるために頑張ってきたのかもしれません。

 

小さな子どもが親を喜ばせようと、一生懸命に勉強を頑張るかのように。

もちろん、それが悪いわけではありませんが、誰かのために頑張ることにはリスクを伴います。

 

誰かを喜ばせようとして必死で頑張ったのに、その結果について喜んでもらえなかったら、あなたはどう感じますか?

 

きっと「あなたのために、こんなに頑張ったのに」と思うでしょう。

こうなってしまうと、自分の軸がぶれてしまうことになります。

 

ですから、これからは自分のために頑張った結果、誰かが喜んでくれた。

そういう風に思えるように行動していくのがいいでしょう。

 

未来を変えたければ自分の軸を変えよう

自然の中の女性

あなたの未来を変えられるのは、あなただけです。

世の中には他人軸をやめて自分軸にしたら、幸せになったという方もいっぱいいます。

 

いつも他人と自分を比較して、優劣をつけていた女性がいました。

それは容姿だったり、持ち物だったりしました。

 

けれど、そういうのは辞めて「自分は自分」という軸をしっかり持つようにしたら、日々のストレスから解放されて周りから「若返ったね」と言われるほどになりました。

 

人と自分を比較しても、何もいいものは生まれません。

比較するのを辞めると、心が穏やかになり、見栄も張らなくなるので無駄な出費も防ぐことができます。

自分軸で生きると、今までよりもぐっと生きるのが楽になります。

 

あなたの未来は、あなたの手のひらの中にあります。

さあ、あなたも自分軸で今までより楽しい明日を描いてみましょう!

 

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA