おしゃれで可愛い女性(レディース)のランニングウェアの選び方!

おしゃれで可愛い女性(レディース)のランニングウェアの選び方!

こんにちは!

暑い夏も終わり、少し気温が下がった秋は、一番運動のしやすい季節です。

冬にむけてランニングを始めた、始めようという方もいらっしゃると思います。

私もランニングを始めたのは、秋ごろでした。

秋晴れの日にランニングをするのは、とても気持ちがいいものですよね。

これからランニングを楽しもうと思われる方に向けて、今日はよりランニングを快適に行う女性のランニングウェアの選び方をご紹介したいと思います。

ランニングウェアにはこだわるポイントがたくさんあるので、ぜひ試して、より楽しいランニング生活を送っていただきたいなと思います。

ランナー

 

Sponsored Link



 

ランニング時の服装

みなさんは普段、どんな格好でランニングをされていますか?

ただ運動できる格好でも、ランニングは十分行うことはできます。

しかし、より快適に走るためにもランニング時の服装は大切です。

Tシャツ

Tシャツは、綿やコットン、ポリなど様々な生地のものがあります。

その中でもランニングに適しているのは、綿100%よりは、ポリの入っているものがいいです。

更には、ランニング用として売っている、吸収速乾性に優れたTシャツがよりおすすめです!

特に寒い季節において速乾性が低いと、汗がなかなか乾かず、体が冷えてしまい、風邪をひきやすくなってしまいます。

また、汗をかいても、Tシャツがさらっとしていると快適ですし、汗で重たくならないというのも魅力です。

夏ですと、吸収速乾性に加えて、−〇℃というように、涼しく感じられるTシャツもおすすめです。

Tシャツは肌に一番触れるので、快適なものを選びましょう。

 

ウインドブレーカー

夏場はいらないですが、冬には必要になってきます。

走ると歩いている時よりも風を切るため、より寒く感じられます。

薄くて軽いウインドブレーカーでしたら、走る時にも支障はありません。

また暑くなって脱いだ時に、畳んでコンパクトになるものを選ぶとよりグッドです!

これから寒くなってきますので、ぜひウインドブレーカーを手に入れてくださいね。

 

ハーフパンツ

ランナー

次はズボンす。

走りやすさを考えると、ロング丈のものより、ハーフパンツがおすすめです。

これもTシャツと同様、吸収速乾性に優れていて、さらっとした肌触りのものを選ぶとよいでしょう。

女性の方ですと、ハーフパンツより丈の短いショートパンツに、ランニングタイツを合わせるというスタイルもおしゃれでおすすめです!

 

ランニングタイツ

足を出すのが恥ずかしいという方だけでなく、特に初心者の方に、ランニングタイツは履くことをおすすめします。

よくハーフパンツにランニングタイツを履いているランナーを見かけると思います。

初心者にはランニングタイツはいらないのでは、、と思われる方もいるかと思いますが、そんなことはありません!

むしろ、初心者の方に履いてほしいです。

その理由はランニングタイツの機能にあります。

ランニングタイツは筋肉のブレを軽減したり、関節をサポートしてくれます。

これによって、膝への負担が軽くなったり、またフォームが安定するのでより楽に走ることができます。

ですので、初心者の方にはぜひ、買っていただきたいなと思います。

 

シューズ

普通の運動靴でいいのでは、と思われる方も多いと思います。

ランニングシューズ

またランニングシューズは高い、という印象もあるかと思います。

しかし、ランニングシューズは運動靴より遥かに走りやすく、値段もそれほど高くないものもあります。

私も初めは、普通の運動靴で走っていたのですが、ランニングシューズを初めて履いた時に、その走りやすさに感動しました。

ランニングシューズはクッション性に優れているので、コンクリートの道路を走っていても、柔らかい感覚です。

また運動靴より足にフィットして、軽いので、本当に走りやすいです。

その分、値段がはるのでは・・・と思いがちですが、実際5,000円くらいから手に入ります。

より機能が優れているものはやはり高いですが、初心者の方でしたら、5,000円くらいで十分だと思います。

一度お店に行って、試しに履いてみると、その履きやすさに心を奪われると思います!

ぜひ自分の足にフィットしたお気に入りのランニングシューズを見つけてみてください。

 

その他の小物

帽子

特に夏は日差しが強いので、日焼け防止のためにもあったら便利です。

 

バッグ

実際ランニングをする時には、そんなにたくさん荷物を持って走れません。

最低限の鍵、スマホ、タオル、飲み物が入るウエストポーチがおすすめです!

ランニング用でしたら、走っても体にぴったりで、揺れも少ないので、快適に走れますよ。

 

反射材

夜にランニングをされる方におすすめです!

服に貼るタイプのもの、たすきのようにかけるものなど色々あります。

快適かつ安全に走るためにも、あった方がいいでしょう。

 

おすすめの可愛い・ランニングコーデ集

 

女子らしい・可愛いランニングコーデ集をご紹介します。

これを見て、毎日のコーデの参考にしてみて下さい!

 

ユニクロのランニングコーデ

 

ユニクロは何といっても、お手軽価格で全身コーデを揃えることができます。

身近にユニクロの店舗はあるし、毎年新しいものが出てくるので買い増しも容易にできます。

 

ただ、Nikeやアディダスのようにスポーツ特化ではないので機能面や耐久性は難がありますが、激しいスポーツでもない限りは何年も使えますよ。

 

ユニクロ ランニングコーデ

出典:ユニクロ

 

着用衣類:

ドライEXウルトラストレッチハーフパンツ

ドライEXクルーネックT

ポケッタブルパーカ

エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

 

上記の衣類すべて合わせても1万円以下で揃えることができます。

ランニングコーデでは王道のスタイルです。

 

街中ランニングする際には、軽くてちょうどよいと思います。

 

ハーフパンツ系のランニングコーデ

 

ランニングコーデ

出典:wear

 

赤いNikeのランニングシューズにアクセントをつけたランニングコーデです。

シンプルですが、どのシーンでもなじむスタイルになっています。

Vネックのトップスにすることで、ランニングする際のさわやかさをアップします。

 

レギンス系のランニングコーデ

 

ランニングコーデ

出典:wear

 

全身new balanceを使ったレギンスコーデです。

レギンスのみは、よりアクティブさをイメージできます。

トップスをホワイトで軽やかに見せ、レギンスはブラック系で引き締め、さわやかなブルーのシューズでメリハリをつけています。

 

スカート系のランニングコーデ

 

ランニングコーデ

出典:wear

 

アディダスを使ったビビットなランニングコーデです。

スカートタイプですが、ワンピース系のランニングコーデです。

パープルとワンピースで、ほかのランニングコーデより個性を出すことができます。

 

パンツ系のランニングコーデ

 

ランニングコーデ

出典:wear

 

パンツスタイル系のカジュアルコーデです。

近場までのジョギング・ランニングに最適です。

スポーツ感よりカジュアルさを出しやすくします。

 

ランニング時の水分補給

実際、ランニングの時の水分補給は難しいです。

飲まなさすぎると、のどが渇いて脱水症状が出ますし、飲みすぎてもお腹がタプタプで走りにくいです。

季節によっても変わってきますが、一般的な水分補給量をご紹介します。

まず、ランニングの30~60分前に300~500mlの水を飲みましょう。

 

一気に飲むのではなく、こまめにランニング前に水分を摂っておきます。

次にランニング中ですが、20分に一回100mlを飲むのがおすすめです。

ですので、60分間ランニングをされる方は300mlの水分を持って走ることになります。

 

また、水かスポーツドリンクのどちらを飲むかですが、たくさん汗をかくのなら、スポーツドリンクも必要です。

逆に、ゆっくりペースのランニングでそこまで汗をかかない場合は、水やお茶で大丈夫です。

あくまでも、紹介した水分量は目安ですので、自分の体に合わせて、喉が渇く前にこまめに水分補給をとるようにしましょう。

Sponsored Link



 

朝ラン?それとも夜ラン?

朝に走るのがいいのか、それとも夜か、迷いますよね。

実際、どちらにもメリットとデメリットがあるので、ご自身の生活スタイルにあった方がおすすめです。

私の場合は、その日の予定や体調に合わせて、朝だったり夜だったりします。

朝ラン

景色

まずはメリットです。

朝は一番体温が低く、その時に走るため、代謝がアップして脂肪燃焼が促進されます。

また、体が活性化するため、日中の活動能力が高まります。

ランニングのため朝早く起きることになるので、早寝早起きの生活習慣もつきます。

逆に朝ランのデメリットは、けがをしやすいことです。

朝はやはり体が完全に動かないので、けがを防ぐためにもストレッチは念入りに行いましょう!

↓関連記事

 

夜ラン

夜ランのメリットです。

まず一番は、体が動きやすいということです。

長い距離を今日は走ろう!と思う日などは、夜の方が走れます。

 

また、睡眠が深くなります。

体を動かして疲れた状態で寝るので、いつも以上に健康的にぐっすり眠れます。

逆にデメリットは安全面になってきます。

 

仕事終わりなどですと、外は真っ暗ですよね。

事故を防ぐためにも、反射材は必ずつけて走るようにしましょう。

また女性の方は特に、夜遅くのランニングは危ないですので、控えましょう。

 

ランニング場所

景色

より快適に走るための、ランニング場所を選ぶポイントです。

まずは、初心者の方は平坦なコースを選びましょう。

坂道は膝への負担が高く、また体力の消耗が激しいです。

ですので、同じペースで走り続けるためにも平坦なコース選びは大切です!

次に、ランナーが多いコースはおすすめです。

一人で走っていると、しんどくなって歩いてしまいがちです。

しかし、他のランナーがいると励まされますし、またランニング友達ができるかもしれません!

刺激をお互い与えあって、楽しく走ることができます。

後は、景色のいい所だったりと自分が走りたいと思うコースを探してみるのもいいかもしれませんね!

Sponsored Link



 

ランニングウェアの選び方の最後に

より長くランニングを続けるためには、快適な環境が大切です!

ランニングウェアや水分補給、走るタイミング、走るコースを自分にあったものにすることで、より楽しんで走ることができます。

ぜひ楽しいランニング生活を送っていただければなと思います!

 

ランニングに興味のある人はこちらも読んでいます。

 

最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA